ナイフラのカメラ係りゅう氏の個展が原宿にて開催。

スポンサーリンク

どうも。先日立ち喰い系蕎麦屋に入って冷やし系が食したかったので、かき揚げそばを意気揚々と「冷たいの!!」って頼んだら「これは出来ません!!」と敢え無く断られ仕方なくこのクソ暑い時期に熱々の蕎麦を食した粋な男、エキセントリシティ・サガワです。

イメージ的には冷やしたぬきに+かき揚げだったんだけどね。

だってさ、その次に入って来たハタチそこそこぐらいのお兄ちゃんが、ざるそば+トッピングでかき揚げを食していたんですよ!

そう、それ〜。俺食べたいのそれ〜。でも目の前には熱々のかき揚げそば〜。

さすが立ち喰い蕎麦屋クオリティー。店員のバ○アは、察してくれてそこまで気の利いた案内が出来ないのか、と。

もうね、ソッコーで食して店出ましたよ(笑)

どー考えても冷やし前提で頼んでいるんだから、この時期に熱々が食べたいわけねーじゃねーかと思うのだが。

さらにその店、複雑なのが「冷たいの」って言うと=冷やしたぬき、「盛り蕎麦」=そばつゆに付けて食す通常のざる蕎麦を指すから面倒くさい。

つまり普通の店の様に盛り蕎麦をイメージして「冷たいの!」と「冷やしで!」で頼むと冷やしたぬきが出て来ちゃう。

あと「ざるそば!」って言うと「ウチはざるそばありません!」としか言われず、客が折れるパターンで・・・・つまり「あなたの言うざる蕎麦=ウチで言う盛り蕎麦はある!」とは決して言ってくれない(笑)

知っている人じゃないと、このシステム分からないよな〜。

俺みたいな常連気取りでもメニューを4割ぐらいの確率で間違えるし(笑)

でも、行っちゃうんだよな〜。

でまぁ、そんな事はどーでもいいんだけど、昨日は「カメラ係りゅう」こと、ナイフラの写真をずっと担当してくれている、りゅうちゃんの個展へお邪魔した。

世界観満載でホントもう強烈。

あ、服装の話じゃないよ。彼が生み出す作品であり、写真ね。

一説によると、その筋の方が見れば、りゅうちゃんのような写真の撮り方は独特なのだという。

実際引っ切り無しに訪れるお客さんからは「どうやって撮っているんですか?」とか質問も受けていた。

そんな彼の写真が俺は好きで、STRAWBERRY FUDGEの時からずっとお世話になっている。

気づけば、彼との出会いも10年とか経っているんだよね。本当に人の縁というのは不思議なもので、ありがたい事だとつくづく痛感。

カメラ係りゅう個展『きみがいた空想の世界はきみが見ることなくぼくの頭の中ですべて完結する物語・・・展』は本日7/16まで。

デザイン・フェスタ・ギャラリー

東京都渋谷区神宮前3-20-18

11:00〜 WEST 1-C

入場無料

外国人のお客さんを含めてかなり賑わっているので、お時間に余裕を持たれた状態で訪れた方がよろしいでしょう。マジで、ずっと色々なお客さんが出たり入ったりの大盛況ぶりです!

ナイフラVo小池さんの写真もありますぜ!!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする