有益な時間の使い方。

どうも。昔あったコーヒー味のガムはなぜソッコーで味が無くなるのか疑問に思う男、ブルーベリー・サガワです。

懐かしいよね〜、あったよね〜というネタが好きです。

放送部でやろうかしら。

普段、全く何も無い休みの日には家の事を「あれしよう」「これをしよう」などと妄想しているけど、そんな日など全くやって来ない。

理由は簡単。

自分で何も無い休みが作れないのだ。

作れない、と言うより作らないようにしてしまっているからなのか。

この貧乏性な性格嫌だねーと思うのだが、これに慣れてしまうと、すっぽり何もしない日をもし過ごしたら後ですごく後悔してしまう。。。。

Time is money

という言葉があるが、本当にその通りだといつも痛感している。

時間を浪費することがどれだけ人生を無駄にすることに繋がるのか、そして、時間を浪費するという選択をするのはいつも自分で、自分の望む人生が実現するのを妨げているのは周囲の人や環境などでは決してなくて、いつも自分なんだ

唯一買えないのが時間で、身分がどんな人であろうと誰しも平等に与えられているものである。

今思えば学生時代とか何も考えず無駄な時間の使い方も随分していたなぁと思う。

それでそれで全く意味の無い時間だったとは思わないものの「もう少しうまく時間を使えていたらな」と思うことは少なからずある。

こと、音楽に関しても色々な面で今新たに勉強し直している部分というのはすごくあって、それらをやればやるほど時間のあった学生時代に回せていたらなと思ってしまうが・・・・学生時代はなんか知らないけど、やたら楽しいんだよね!
お金や時間の心配なんてしなくていいし(これは両親のおかげだなと身に染みて思う)、好き勝手に遊びまくっていたなんて、贅沢そのものだなと。

好きな事のために100%時間を注げていたかというと、そうじゃなかったと思うから今やってます、みたいな所はあるかもな。

何やるにしても遅いってことは無いから、思ったらいつでもやれば良い。

でも、大概思うだけで行動に移さないから、ずっとそのままになってしまうんだよね。

こういう時はあれこれ考えず、まず行動!という方が流れを作れるな、と最近学びました(笑)

止まっていても停滞するだけだから。

何か動けば新しい風が吹くかもしれない。

それにはまず動かないと、ってことなんだよね。