続・格安自動販売機事情。

スポンサーリンク

どうも。街はネタの宝庫、ついついキョロキョロしてしまう男、ルックアップ・サガワです。

前回、価格破壊とも言える「格安自動販売機について」書いたが、改めて久しぶりに行ってみるとパワーアップされていた。

まさに私のような奴のためにお出迎えされた気分である。

ってなわけで、早速見てみよう。

あらすじ

リンクをご覧頂ければ分かるが、街にあるジュースの自動販売機で「格安100円」や、それ以上に安い「激安・80円」なんてものがあるのは、恐らく全国あるに違いない。

先日、地方に行った時に「こんなところにも!?」って感じであったから多分・・・・だが。

しかし!

私が歩く地元界隈にはそれをも超えてしまう、ビッグバン自動販売機を数年前に発見したのだ。

そして、それがアップデートしているではないか。

いざ、登場。

どすこいドリンク。

夏の暑さで故障。必ずバージョンアップされます。

バージョンアップだぞ!バージョンアップ!

クオリティーさらに上がっちゃうよ!!

ただここは、バージョンアップを「三役昇進」、ついでに夏の暑さで故障を「夏の暑さで休場」と言って欲しかった。

でも、すごく丁寧!

「大変申し訳ございません。もう少し夏休みをください」なんて。

あげちゃいますよ、それは。

そして、肝心のジュース、間欠けているところもあるからね!

値段も80円を下回る60円もあるし!

さらにさらに!!

それをも下回る40円って!!

何ですか、これ。

初心者でも分かりやすく噛み砕いてくださる、酔っ払い解説でお馴染みの松木さんならば「何なんですか、これ。ふざけた自販機ですね〜」という感じ。

3本買って普通の1本分ですよ!!!

当たり前だけど。

並盛り280円〜320円で争う大手牛丼屋を横目に200円で勝負していた牛丼太郎みたじゃないですか!!(←覚えている人いる?)

もう〜最高ざんすね。

これが江戸クオリティー。

格安、激安って地方のイメージがあるけど、東京の下町には探せばちゃんとこういうのがあるんですよ。

「自販機よりもディスカウントストアの方が安い!」が定説だけど、これなら「自動販売機の方が安い!しかも24H!!」という常識を覆す結果になっているのだから、ずっと残っていてほしい。

相撲だけに、とかは言わずに。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする