幕末、明治維新。イヌとネコと花。

スポンサーリンク

どうも。マルチな味付けがあるラーメン屋は信頼出来ない男、醤油豚骨・サガワです。

だいぶ気温が上がって昼間は「夏日」とか言われるわりには夜が寒いという、この中途半端な感じが嫌いです。

いつまでも長袖を着ていたい。

これ以上、気温が上がると溶けそうになります。

先日、ナイフラで写真撮影をした時も川のすぐ側、テラスにいたのでスーツだと寒くて薄手のF2パーカを羽織ってちょうど良い感じだった。

ほんの少し前までは普通にロングコート着ていたのにな。。。。

さて、ナイフラチャンネルを更新しました。

この頃ですよ。真っ黒いロングコートとかライナー付き状態でF2パーカを着ていたのは。

幕末・明治維新 薩摩推し

薩摩特集はなんと第4弾までに至りました。

西郷隆盛に限らず、島津斉彬や大久保利通、小松帯刀など西郷どん好きな方はさらに楽しめるかな?

その昔、大好きだった光栄(現:コーエーテクモゲームス)から『維新の嵐』というゲームがリリースされていた。

「信長の野望」や「三國志」シリーズなど、歴史系ゲームに定評のあるコーエーがシミュレーションゲームではない「リコエイションゲーム」という何のこっちゃ分からない名称が付いていて・・・・要は戦争でバトルするというより「説得」して藩の考え方を統一するという変わった形式を取った内容だった。

そこで「要人」と銘打った実在の志士達が登場するのだが、みんな大好き”能力値”による特徴が付けられていて、それで色々な人物を覚えていったものである。

とまぁ、何とも懐かしい気持ちになるのだけれど、実際には今からホンの150年前の話なんだよね。

幕末時代の文化は戦国時代と違い、今にも通じる部分が多々あるので、よりリアルに、ダイレクトに感じられる所が魅力だ。

西郷隆盛が愛犬家だったというのは有名な話だけど、愛猫家って聞かないなぁ。

そんな私の目下の楽しみが花とイヌとネコを撮る事です。

花です。

イヌです。

ネコです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする