DONNY GERRARD / DONNY GERRARD

ちょっちゅねーでお馴染みの具志堅用高さんではない。
デヴィッド・フォスターが母国カナダ時代に組んでいたバンド、スカイラークのヴォーカリストだったダニー・ジェラルド。
そんな彼が76年に発表したアルバムである。

本作では盟友デヴィッド・フォスターの参加こそないものの、代わりにというわけではないだろうが(この時点でエアプレイが結成される4年も前である)ジェイ・グレイドンがほぼ全曲ギターで参加。

ダニーとデヴィッドが在籍していたスカイラークはローカル・バンドであったものの「ワイルドフラワー」が全米9位を獲得する。
しかし、2枚目のアルバムが出る前にバンドは解散、ダニーはセッション・シンガーとなる。

そんな経緯があってリリースされたのが本作だが中身は多種多様。
いくつかはロビー・ブキャナンと共同プロデュースを担当したヘンリー・マークスの作品であったり、ビートルズ、カーティス・メイフィールドのカバー曲も含まれている。

①HE’S ALWAYS SOMETHERE AROUNDや若かりし頃のボビー・コールドウェル作品⑦PEACE FOR US ALLがトップ・リコメンド。
聴くとすぐにジェイ・グレイドンが参加しているのが分かる独特のカッティングやトレードマークあり。

アルバム全編を通じて曲の出来、もしくはセレクトの基準にバラ付きがあるのが残念。
今イチどんな事をやりたいのかが見えてこない。

72点