ERICK TAGG / RENDEZ-VOUS

8fe1c934
リー・リトナーのアルバムで独特のソフト・ヴォイスを聴かせてくれたエリック・タグの77年発表2nd。
ソウルに影響された黒っぽいリズムの曲を優しく包み込んでくれるかのような声が彼の強みである。

①Got To Be Lovin’ Youからファンキーなビートに乗せて華やかなフルートが鳴り響くという今で言う所の「シティ・ポップス」を連想させる曲だ。

②アルバムタイトル曲Rendez-vousを聴いた時、イントロからブリッジまで「なんか音作りがスティーヴィー・ワンダーに似ているな」と感じていたら、そのまんま、ご本人はこの時期スティーヴィーに傾倒していたようだ。
1年前の76年といえばスティーヴィーが2枚組の大作Key Of Lifeを発表した年である。
楽曲のみならずエリックのヴォーカル自体がスティーヴィー風に歌っている事から、相当入れ込んでいた事は容易に想像がつく。

しかし、全編スティーヴィー風にならず、しっかり”オリジナル”を注入して一定水準以上の作品に仕上げている点は評価出来ると思う。

元々はエルトン・ジョンやトッド・ラングレンといったミュージシャンに影響を受けたようだが、本作ではスティーヴィー・ワンダーはもちろん、ボビー・コールドウェルやマイケル・マクドナルドのようなソウルフルな作品にした事が吉と出ている。

ちなみにこのアルバムは発表当初、本国のオランダのみの発売で1stアルバムは再発されたが、こちらの2ndは再発された記録が無いらしい。
よくありがちな、有名ミュージシャンをズラリと並べたわけでもない。(実兄ラリー・タグがベースで参加しているのと、その他のミュージシャンはエリックの友人達らしい)
そんなアルバムでも内容が良ければ誰かが発掘してきては、しっかりとCD化するなど、さすがAOR大国日本である。
83点