GREG MATHIESON PROJECT / THE BAKED POTATO SUPER LIVE!

AOR史上に残る歴史的ライヴ盤。
リーダーのグレッグ・マティソンを中心にスティーブ・ルカサー、ジェフ・ポカーロ、ロバート・ポップウェルという4人の男達が熱く繰り広げる壮絶なガチンコ・バトル。

ライヴ盤と言えばサガワ的にはKISSの「ALIVE!」やDEEP PURPLE「LIVE IN TOKYO」、BECK,BOGERT&APPICEの「BECK,BOGERT&APPICE LIVE」などのロック畑音源に名盤が多いというのが常であった。

しかし、ここに登場する本作は数少ないAOR系のライヴ名盤であると断言出来る。

全曲インストで歌ものは一切無い。
そこにあるのはテンションの高いハード&ファンキーな演奏。
男臭いまでのパフォーマンスは圧巻だ。

ハッキリ言ってリーダーのグレッグが完全に霞むぐらい、ルークとジェフのプレイがキレている。
いやキレているというより神懸かり的とさえ言っても良いパフォーマンスだろう。

本作リリースは82年だがプレイ自体は81年のようだ。
81年と言えば「TOTO IV」がリリースされる直前の年。
ルーク、ジェフ共に脂の乗り切った時期である。

ベースのロバート・ポップウェルもクルセイダースに在籍していた実力者で、黒人特有の跳ねたビートが持ち味だがプレイとは反対に音色も結構トレブリーでなかなか目立っている。

このアルバムの場合は曲云々を説明なんて事はせず、ただCDを再生させて聴いてみて頂きたい。

オーバーダブ無しの4人による生々しいまでの臨場感と共に、今は亡きジェフのビートが感じとれる。
ライヴ盤という事と、あまりに凄すぎて点数は付けられないのだが・・・

(100点)