STYLUS / PART OF IT ALL

スポンサーリンク
オーストラリアが生んだブルー・アイド・ソウルバンドの4作目。
2010年には、なんと30年ぶりの新作を出した大ヴェテラン・グループである。

聴きどころ

①The Colours Of Your Love、⑤In The Band、⑧Standin’ In My Shoesはギターのカッティングと歯切れのいいピアノが心地良いグルーヴの嵐。
②Live It On Upはファルセットのコーラスで幕を開けるなどEW&Fからの影響を思わせる。
⑦Shame On Youなどはキャッチーなリフが印象的な彼等流のファンク・チューン。
とはいってもコテコテにならず、あくまでもライトに仕上がっているのが、このスタイラスの魅力である。
シンセの使い方も実に巧みで、ピアノを基本音色にしながらもワンポイントで大事なツボを抑えている。
アースからの影響~と先述したが、彼等からの影響を自分達なりに消化しているスタイルは、むしろアヴェレージ・ホワイト・バンドのスタイルに近いかも知れない。
最後を締めるバラード⑪If You Believe In Meも泣かせてくれる。
彼等の作品は最近のリイシューなども含めてCD化されたのだが、一番フリーソウル色が濃い作品である。
トータル的にも非常にバランスが取れたアルバム。
93点

データ

1979年:オーストラリア(OZ Records OZS-1012)

プロデューサー:ピーター・カプルス

1. The Colours Of Your Love
2. Live It On Up
3. Brave New World
4. So Much In Love
5. In The Band
6. Part Of It All
7. Shame On You
8. Standin’ In My Shoes
9. Byron Bay
10. Sit Down And Talk About It
11. If You Believe In Me

スポンサーリンク

シェアする

フォローする