The Eighth Day / On The Eighth Day

スポンサーリンク

エイス・デイは男女混声のハーモニー・ヴォーカル・グループで本作は67年発表の唯一の作品。

ソフト・ロック界でも最重要人物の一人に数えられるロン・ダンテを中心に結成された7人組グループだ。

ロン・ダンテについて

ロン・ダンテといえば、カフ・リンクス、アーチーズなどでも活躍したセッション・ヴォーカリスト。

この時代に自分の歌一本でセッションして渡り歩ける事自体、実力者の証であるのは言うまでもない。

本作ではバック・グラウンド・ヴォーカル(コーラス)だけでなく全11曲中の10曲を作曲し、プロデュースまで手がけているのだから、その影響力の大きさは言うまでもないだろう。

サウンドについて

とにかく全員で歌い上げるハーモニーとアコギ、ベースにドラム、それにブラスを少々という非常に素朴なサウンド・プロダクションになっているのだが、ヴォーカル為のスペースを残すという意味では、この選択は吉◎。

その分、縦横無尽にメロディー・ラインを動かす事が出来て、よりヴォーカルとコーラス・ワークを強調出来るのだ。

ある時はハモり、またある時は追いかけるなど、工夫されて飽きの来ないアレンジはレベルが高い。

7人全員のヴォーカルの混ざり具合が何と心地よいことか。

ソフト・ロックではお馴染み”パ・パ・パ・パ・コーラス”を用いた④Building with a Steeple、⑥Glory、⑨A Million Lightsや思わず口ずさみたくなる①Hey Boy、⑦Raining Sunshineなどドリーミーという言葉がピッタリと当てはまる美しい歌声とメロディー。

途中隠しネタなのか、66年に発表されたママス&パパスの「Monday,Monday」のフレーズが飛び出すのはご愛嬌か。

トップ・リコメンドが挙げづらい作品だが、上記で挙げた楽曲の他、平均的なクオリティーが高い為、やはりアルバム通して聴いて頂きたい。

キャッチーなメロディーとコンパクトに仕上げられた楽曲はハーモニー・ヴォーカル系グループの真髄。

モロに60年代した衣装、ジャケットも良い!

87点

データ

1967年:アメリカ(Kapp Records ‎– KS 3554)

プロデューサー:ロニー・ダンテ、ボブ・フェルドマン、ジーン・アラン

1. Hey Boy (The Girl’s In Love With You)
2. It Takes The Rain (To Make The Flowers Grow)
3. Brandy (Doesn’t Live Here Any More)
4. Building With A Steeple
5. That Good Old-Fashioned Way
6. Glory
7. Raining Sunshine
8. How Can I Stop Loving You
9. A Million Lights
10. The Bandit Of Brazil
11. Long Winter Nights

スポンサーリンク

シェアする

フォローする