WHITE PLAINS / My Baby Loves Lovin’

スポンサーリンク

全英チャートでのヒット曲を持つイギリスの「フラワー・ポット・メン」が発展して出来上がったグループ。
中心的存在だったトニー・バロウズとピート・ネルソンに新しくメンバーを加え、フラワー・ポット・メン時代より楽曲提供を行っていたグリーンナウェイ=クックのロジャー・グリーナウェイを加えた7人組となった。

聴きどころ

ロジャー・グリーナウェイ自身、日本での知名度はそこまでないものの本国イギリスでは20曲以上もチャートに送り込んできた実力者である。

そんなグリーナウェイが書いた⑦My Baby Loves Lovin’がヒットを記録(全米13位)するなど、トップ・レコメンドに推したい楽曲だが、まずは①I’ve Got You On My Mind(こちらも全米全英チャート17位を記録するヒット曲)からじっくり聴いてみてほしい。

突き抜ける爽快感、高揚するリズムとメロディーはアルバムの幕開けに相応しく、期待に胸を膨らませること間違い無しの1曲。

以降もかなりテンションが高く爽やかな楽曲がズラリと並ぶ。
このアルバムを聴いて「イイ曲って何だろう?」などと考える余地など全くない、爽快感が得られる内容に出逢えることはあまりない。
傑作アルバムだった1stにシングルA面曲を加えたが彼らの魅力を知る上で1枚に凝縮されているので、かなりオススメ。

ソフト・ロックには珍しく、ジャケット違いの盤が存在するようだが、選曲を確認して頂ければ被らないだろう。

93点

データ

my baby loves lovin'

1970年:イギリス(Deram ‎– SML 1067)
プロデューサー:ロジャー・グリーナウェイ、ロジャー・クック

1. I’ve Got You On My Mind
2. When Tomorrow Comes Tomorrow
3. Tafetta Rose
4. Summer Morning
5. To Love You
6. In A Moment Of Madness
7. My Baby Loves Lovin’
8. Today I Killed A Man I Didn’t Know
9. You’ve Got Your Troubles
10. Show Me Your Your Hand
11. Young Birds Fly
12. Sunny, Honey Girl

スポンサーリンク

シェアする

フォローする