BOB&PAULINE WILSON / BOB&PAULINE WILSON

スポンサーリンク

ハワイの名フュージョン・グループ、シーウィンドの柱、ボブ・ウィルソンとポーリンウィルソン。
仲睦まじい夫妻の写真だが、2人だけのサウンドではなく盟友シーウィンドのメンバー達が集結。

サウンドについて

このアルバム、81年発表でバンドが活動停止する直前にリリースされた物だが、内容の方は本家シーウィンド同様、非常にテンションの高い作品になっている。
メンバー達も参加している事やサウンドの方向性にも変化が見られない事から、実質シーウィンドの5作目として扱われる事も多いのが特徴だ。

以前より敬虔なクリスチャンであった、2人の神に対する想いというのが、より色濃く歌詞に出ている点とケヴィン・クラーク(G,B,BGV)だろうか?
スティーヴ・ルカサーを彷彿とさせるハードなハモりギターをフィーチャーした⑤You Can’t Hideのようなロマンティック・ハードネス路線の楽曲が収録されている事、これはシーウィンドには無かった点である。
歌詞に関して「宗教色が強すぎた為にレーベルから色々な注文もあったりはした」との経緯から見ても分かるように完全なCCM扱いである。

EW&Fを意識したかのような① I’ll Keep My Eyes On Jesus、⑧In The Spiritのホーンのキレは、”いつも通り”本当に素晴らしく、そうかと思えばAORらしいアレンジの③Joyful Melody、先述したハード・チューン⑤You Can’t Hide、ソウル仕立てな⑦Lullabye Of Loveなどファンキーであり、ポップスあり、ロックありと、実に器用な所を聴かせてくれる。
また、そういった様々な曲調にも一切埋もれることなく存在感を出しているポーリン・ウィルソンというヴォーカリストの力量にも脱帽。

他のメンバー達も含めて、バンドがピークにある時期の作品をもっと聴きたかったと思うグループである。

90点

データ

1981年:アメリカ(Myrrh ‎– MSB-6637)
プロデューサー:ボブ・ウィルソン

1. I’ll Keep My Eyes On Jesus
2. With Love In Your Eyes
3. Joyful Melody
4. Vision: Power And Glory
5. You Can’t Hide
6. Somebody Loves You
7. Lullabye Of Love
8. In The Spirit
9. Jesus Is My Lord

スポンサーリンク

シェアする

フォローする