AL JOHNSON / BACK FOR MORE

スポンサーリンク

限りなくAORに近いソウル系アーティストであり、プロデューサーでもあるアル・ジョンソン。

80年発表という事もあってか、この辺りはソウルとAORがクロスオーバーしている時期でもあるので特別な線引きは無用である。

サウンドについて

アルバムはタイトル曲の①I’m Back For Moreで幕を開ける。

ド頭から熱く歌い上げるジーン・カーンとのデュエット曲とはなかなか珍しい。

このノリの良いAOR仕立ての曲はサンプリング・ネタとしても有名である。

それにしても、このアルの歌声というのはかなり耳に残る。

決してひとクセあったりパワフルな声量の持ち主ではないのだが、バックのオケのおかげもあるせいか、かなり前面に出ている。

16ビートを基本とするビートにホーンセクション、やストリングスが絡み、加えてBGVを務めるザ・ジョーンズ・ガールズが実に効いていると思う。

④School Of The Grooveではドラムが8ビートになったと思いきや、小刻みな16ビートを奏でる単音ギターが左右でグイグイと楽曲を引っ張る。

⑤I’ve Got My Second Wind、⑥Tonight’s The Night For Loveなどはテンポからいっても典型的なAORそのもので、続く⑦You Are My Personal Angelはエレピとデヴィッド・T・ウォーカー風のギターが美しいソウル・バラード。

ラストを飾る⑨Peacefulは78年にインディーズで発表したアルバムのタイトル曲。

語りから始まる所などもムードがあってカッコイイの一言。

このアルバムは全体的にかなり粒揃いな曲が揃っており、ジャンル的にもナイト・フライトやブレイクウォーターのようにソウルファンのみならず、AORファンにも充分アピール出来る作品である事は間違いない。

捨て曲全く無しというのも好印象。

92点

データ

1980年:アメリカ(Columbia ‎– JC 36266)

プロデューサー:ノーマン・コナーズ

1. I’m Back For More
2. Saved By The Bell
3. You’re A Different Lady
4. School Of The Groove
5. I’ve Got My Second Wind
6. Tonight’s The Night For Love
7. You Are My Personal Angel
8. Peaceful

スポンサーリンク

シェアする

フォローする