GREG GUIDRY / Over The Line

スポンサーリンク
c7e32e16
ポール・デイヴィス、ルパート・ホームズに続く、男の哀愁3連発。
グレッグ・ギドリーのデビュー作はブルー・アイド・ソウルと呼ぶに相応しいソウルフルヴォイスに”泣き”のサウンドの応酬。

メロディでもホロリとさせるが、それに呼応してギターが絶妙なハモりを聴かせてくれたり、ソロも彩りを加えている。
シンセでのリフやサックスなども曲を盛り上げているが、骨格となる曲がまた良い。
①Goin’ Downでいきなり歌い上げ、早くも良質な内容である事を予感させてくれる。
②③⑤⑦で聴かせてくれるサビのコーラス・ワークも、実にこの人らしい。
この辺りの盛り上げ方、分かりやすさというのは日本人に合っている気がする。
④If Love Doesn’t Find Usは美しいピアノで始まりGoin’ Down同様ハモるギターが美しい。
以降も佳曲が並び続け、⑨Into My Loveでは妹サンディとのデュエットも聴かせてくれる。(この曲がまた素晴らしい!)

その他参加ミュージシャンはデヴィッド・ハンゲイト(ex.TOTO:B)、ダン・ハフ(G)、ボビー・ラカインド(ex.The Doobie Brothers:Per)、デヴィッド・サンボーン(Sax)等に加えてシンディ、キャシー・ギドリーなどファミリーの名前も見受けられる。

デビュー作にして、駄作が皆無の隠れた名盤を作ってしまったグレッグ・ギドリーだが、この作品以降はなんと2000年まで新作はない。
2003年逝去。他の作品を聴いてみたかった1人である。
90点

スポンサーリンク

シェアする

フォローする