PATTY WEAVER / PATTY WEAVER

スポンサーリンク

AORには珍しい女性ヴォーカリストで”ロック”を感じさせるアルバム。

ロマンティック・ハードネスというような言い方をするが、このパティ・ウィーヴァーはまさにポップに纏め上げられたロック・サウンドをバックに堂々と歌い上げるヴォーカリストの一人だ。

サウンドについて

ディストーションが利いたギターは心地よく歪むが、ハード・ロックのようにギンギンなサウンドを前面に押し出しているわけではない。

プロデュースこそスティーヴ・バリの名前になっているが中を見れば明らかなマイケル・オマーティアン(K)の力によるところが大きいであろうキーボードはギターと双璧を成す。

ロックなギターに対してブロック・コードで8ビートを刻むピアノなどはこの時代(80年代)一世風靡したスタイルでAORのみならず、ポップスでも多用されたスタイル。

加えてキラキラしたシンセを所々に配置していることや程よくヘヴィなドラムとベース、フォー・リズムのバランスが絶妙で、AORのロック=ロマンティック・ハードネスを体現している。

全てが熱い!
ヴォーカルのパティの歌い方もなかなかコッテリしているのだが、リバーブ(エコー)のかけ方など時代的なものもあってなかなかエネルギッシュな歌声に仕上がっている。

ずば抜けたヒット曲があるわけではないし、所謂キラー・トラックがあるわけではない、この手のアルバムにトップ・リコメンドは不要でスカッとした気分になりたい時などアルバムをトータルで聴くと良いだろう。

参加メンバー

かなり豪華な布陣で先ほど挙げたマイケル・オマーティアンを筆頭にエイブラハム・ラボリエル、マーク・レオナルド(B)、ジェフ・ポーカロ、マイク・ベアード(Dr)、マーティン・ウォルシュ、ハドリー・ホッケンスミス(G)、パウリーニョ・ダ・コスタ、スティーヴ・バリ(Per)等。

長らく廃盤だったが2016年の再発企画で再び入手可能になった。

71点

データ

1982年:アメリカ(Warner Bros. Records ‎– BSK-3665)

プロデューサー:スティーヴ・バリ
1. One Love Too Late
2. Somebody’s Gonna Get Hurt
3. Shot In The Dark
4. I Wanted It All
5. Part Time Man
6. It’s Your Move
7. Don’t Want A Heartache
8. Line Of Fire
9. The Best Is Yet To Come

モッズ野郎サガワトモユキが参加するポップスバンド、ザ・ナイト・フライヤー(通称:ナイフラ)関連ページはこちらからどうぞ。60’Sアメリカン・ポップス、フレンチ・ポップス、AOR、MOR、シティ・ポップス、ソフト・ロックファンへ贈る!!

ナイフラOfficial HP

http://thenightflyer.com

ナイフラOfficial YouTubeチャンネル「ナイフラチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCVvv50yl3k3DlGSu4x4U7Zg

ナイフラOfficial twitter  https://twitter.com/the_night_flyer

ナイフラOfficial Blog  http://ameblo.jp/thenightflyer/

毎回ナイフラの最新情報が届くメルマガ登録、ライブチケット予約、お問い合わせ、メンバーへの質問コーナー「ナイフラQ」もこちらへ↓

http://thenightflyer.com/contact.html#mlmg

スポンサーリンク

シェアする

フォローする