楽器の暑さ対策。

スポンサーリンク

どうも。もう夏は終わっていいと早くも思っている男、ラムネ・サガワです。

こう猛暑日が続くと、このまま気温は毎年上昇してしまうのか、数年後の日本の夏はアフリカ並みに上がるのではないかと思ってしまうぐらい暑いですね。

作業場でのパソコンも熱くなるし、機材で真空管を使っているものは特にホットな状態になるので直接触ると危険。

湿度も高いし、楽器の状態が一番心配なんだけどね。

ついこの間、除湿剤を新しいのに変えたら1、2週間でもう水が溜まり始めている・・・・。

こんな状態で木材が主な楽器を放置するかと思うとゾッとする。

特に複数楽器を所有している皆様、湿気と気温にはこまめに気を配りましょう。

☆エアコンでの温度調整

☆湿度調整

☆清掃(ネックの状態だけでなく、錆などを防ぐ)

☆スタンドは使用せず首吊り状態で保管(ネックへの負担軽減)

ネック周りは要注意!!

トラスロッド回せば調節出来るでしょ?なんて声も聞こえてきそうだけど、ずっと回し続けられるわけでもないし、そもそも!
ロッドで調整しなきゃならないぐらい反っていたら、なかなかのダメージですわ。

ギター、ベース問わず

弦楽器はネックが命。

本当にこれね。

ネックがしっかりしていれば楽器として生き続けられるけど、ここが死んだら他が良くてもご臨終です。

俺みたいにフラット・ワウンド張っている人は通常のベースよりもネックに対する負担がかかるので(ゲージが太い、張りっぱなし)要注意です。

モダンなというか、最近の曲をやる時はラウンド・ワウンド張ってあるB.C.Rich使う事が多いのだが、今回は他の楽器を使用して基本のフラット・ワウンドを用いている。

Jベース、Pベース、リッケンバッカー、ロングホーン・・・・まだ決めてないけどね。

そして1ヶ月後に迫ってまいりました五十嵐さやさんのワンマンライブ。

参加メンバー

Vo 五十嵐さや

G 横江将人
B サガワトモユキ

Dr 岩井大輔

Manu 冨岡準

ワンマンですからね、長いわけです。

こりゃ、色々な意味でドキドキワクワクなイベントですな。

きっとトミー氏が中心となって当日イベントの楽しい楽しい”シカケ”があることでしょう。

まだスタジオには入っていないけど。

目下、個人練習の日々です。

チケットご予約やお問い合わせなどはこちらまでどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする