CRAIG DONALDSON / You’ll Never Get Away With It

スポンサーリンク

曰く付きの名盤・・・いや迷盤か!?
とにかく珍しい経緯で発売されたクレイグ・ドナルドソン80年の作品。

実は本作が正式に発売されたのは09年。
80年にレコーディングされてから、なんと約30年の時を経て近年リリースされたのだ。
それも本人の手で。
80年と言えばまだまだAORが隆盛を誇っていた時期。
そんな時にレコーディングされた本作にも当然期待がかかる。

サウンドについて

結果としては・・・これがなかなかの好盤。
なぜ当時(というより、これまで)発売されなかったのか詳細は不明だが、下手にAORの流れに乗ってしまい自分を見失ってしまったかのようなアーティストとは大違い。
クレイグ自身は作編曲、ヴォーカルはもちろんのこと、ギターや鍵盤、エンジニアまでこなすというマルチ・プレーヤーぶり。
コーラス部分のサンバ・リズムとキャッチなーメロディが心地良い①We Dance And Singで掴みは充分である。

全体的にはカントリー・フレーバー溢れるソフト・ロックとも捉えられるが、何にしてもコッテリといかずにあくまでもライトなこの質感はAORファンにアピールするだろう。
よくクリストファー・クロスが比較対象として引き合いに出されるが、極端なハイ・トーンでない分クレイグ・ドナルドソンの方が聴きやすい方も多いのではないだろうか。
むしろフールズ・ゴールドなどのウエスト・コースト系AORが好きな方は必聴。

本作のように充実している盤が30年という月日が経過したものの、こうして陽の目を見る事が出来たのは1ファンとして実に喜ばしい限りだ。

75点

データ

1980年:アメリカ(Morillon Records – M08-001-A)
プロデューサー:クレイグ・ドナルドソン

1.We Dance and Sing
2.Beautiful
3.On the Highway
4.You’ll Never Get Away With It
5.Arizona
6.Moonlight Marvel
7.Waitin’ for a Slow Song
8.Cheaters
9.What She’s Doin’ Tonight
10.L.A. Shuffle

モッズ野郎サガワトモユキが参加するポップスバンド、ザ・ナイト・フライヤー(通称:ナイフラ)関連ページはこちらからどうぞ。60’Sアメリカン・ポップス、フレンチ・ポップス、AOR、MOR、シティ・ポップス、ソフト・ロックファンへ贈る!!

ナイフラOfficial HP

http://thenightflyer.com

ナイフラOfficial YouTubeチャンネル「ナイフラチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCVvv50yl3k3DlGSu4x4U7Zg

ナイフラOfficial twitter  https://twitter.com/the_night_flyer

ナイフラOfficial Blog  http://ameblo.jp/thenightflyer/

ナイフラOfficial Instagram  https://www.instagram.com/the_night_flyer_60s/  

毎回ナイフラの最新情報が届くメルマガ登録、ライブチケット予約、お問い合わせ、メンバーへの質問コーナー「ナイフラQ」もこちらへ↓

http://thenightflyer.com/contact.html#mlmg

スポンサーリンク

シェアする

フォローする