今剛 / Studio Cat

スポンサーリンク

スタジオ界での人気・実力共に間違いなく日本を代表するギタリストの一人、今剛さんの80年代にリリースされた唯一のアルバム。
少し笑ってしまうようなジャケとは裏腹に中身は当時のサウンド最先端のような気の利いた内容だ。

ストーリー

本作では日本の”TOTO”とも言えるスタジオ・ミュージシャン集団で結成された伝説のバンド、パラシュート時代に作られた作品だ。
パラシュートと言えば、そのサウンドからロックやフュージョンを消化し、クロスオーバーなんて言葉で表現された洗練された音が持ち味で、この辺りはAORファンにも十二分にアピール。

今さんのギタリストしての実力は言わずもがな、リズム・センスから音色まで超ハイ・レベル。
パラシュート時代の相方である松原正樹氏と共に参加したセッション数は計り知れず、2000年をとうに過ぎた現在でも、まさに引っ張りだこのプレイヤー。

彼の名を知らなくても、そのサウンドを聴いた事が無いという人はいないぐらいで、最近では寺尾聰、井上陽水、宇多田ヒカル、今井美樹、角松敏生、ATSUSHI(EXILE)など今を代表するJ-POPの顔触れ。

ドラマーの林立夫氏がプロデュースした作品で、ロサンゼルス録音という事もあってか、カラッとした音色にシャープな切れ味のギターが印象的である。
③AGATHAなどは当時のギターキッズはコピーした方も多い名曲中の名曲。

なんと29年ぶりとなった2ndは2009年リリース。

86点

データ

1980年:日本(Agharta ‎– C25A0107)

プロデューサー:林立夫

1. Zig-Zag
2. Think About The Good Times
3. Agatha
4. Cat’s Eye Blue?
5. Tootsky Heaven
6. Monster Mash
7. Go Ahead
8. Dear Suntory

モッズ野郎サガワトモユキが参加するポップスバンド、ザ・ナイト・フライヤー(通称:ナイフラ)関連ページはこちらからどうぞ。60’Sアメリカン・ポップス、フレンチ・ポップス、AOR、MOR、シティ・ポップス、ソフト・ロックファンへ贈る!!

ナイフラOfficial HP

http://thenightflyer.com

ナイフラOfficial YouTubeチャンネル「ナイフラチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCVvv50yl3k3DlGSu4x4U7Zg

ナイフラOfficial twitter  https://twitter.com/the_night_flyer

ナイフラOfficial Blog  http://ameblo.jp/thenightflyer/

ナイフラOfficial Instagram  https://www.instagram.com/the_night_flyer_60s/  

毎回ナイフラの最新情報が届くメルマガ登録、ライブチケット予約、お問い合わせ、メンバーへの質問コーナー「ナイフラQ」もこちらへ↓

http://thenightflyer.com/contact.html#mlmg

スポンサーリンク

シェアする

フォローする