TOM SNOW / HUNGRY NIGHTS

スポンサーリンク

AORファンの間で長年再CD化が望まれていた作品の1つ。

ピーター・セテラ、リンダ・ロンシュタット、メリサ・マンチェスター、デニース・ウィリアムス、オリビア・ニュートン・ジョン他、多くのシンガーに作品を提供したシンガー・ソング・ライターがアリスタに移籍し3作品目。

オリジナル・ジャケット差し替えの作品だが、個人的には差し替える前の方が圧倒的に好みだ。

ハットに加えたタバコ、やっぱりAORのシンガーには欠かせない髭面。

渋さが前面に出ていて佇まいも実にクール。

シンシア・ワイル、エリック・カズ、ディーン・ピッチフォード、ジョン・ファーラーらと共作し、並べた曲数は10曲。

トップ・リコメンド

アルバム・タイトル曲である冒頭①Hungry Nightsで異論は無いだろう。

2拍目裏を強調したリズムとシンセ・ベースは80年代という時代を感じるが、その辺りが最もピークであったAORでは多用された手法。

ある意味安心のAOR印とも言えるアプローチだ。

この辺りは④Soonや⑨Our Songにも通じるコーラス部分でのキャッチーなメロディーが印象的。

ラストを飾る⑩Time Of Our Livesもぜひ聴いていただきたい楽曲。

エレピとシンセを巧みに使い、そこにストリングスが絡んでくるというメロウ・ファンには堪らないバラードに仕上がっている。

参加メンバー

プロデューサーにギタリストのディーン・パークスを迎え、ジェフ・ポーカロ、エド・グリーン(Dr)、リー・スクラー、エイブラハム・ラボリエル(B)トム・ケリー、リチャード・ペイジ(BGV)レニー・カストロ(Per)、ハドリー・ホッケンスミスがベースを弾いているのは珍しい。

80点

データ

1982年:アメリカ(Arista ‎– AL 9600)

プロデューサー:ディーン・パークス

1. Hungry Nights
2. I Think I Know Too Much
3 Love Hangs By A Threat
4. Soon
5. Somewhere Down The Road
6. Straight For The Heart
7. Don’t Call It Love
8. I Almost Let You Go
9. Our Song
10. Time Of Our Lives

スポンサーリンク

シェアする

フォローする