TOBY BEAU / IF YOU BELIEVE

スポンサーリンク

思わず人の名前かと思うようなバンド名が特徴のトビー・ボーの3作目。

70年代から活動し、当初は5人組でもっとアーシーなカントリー寄りだったが、本作ではリーダーであるバルデ・シルヴァのみを残しサウンドも爽やかに。

サウンドについて

ストリングスとサックスが眩しい②If I Were Youで、お馴染みのAORマナーを守ったビートを奏でるのはジェフ・ポーカロ&デヴィッド・ハンゲイトのTOTOコンビではなく、ここではジョー・シメーイ(B)とスティーヴ・ターナー(Dr)の二人。

なるほどレベルが高いわけだ。

他にもジョン・ホッブス(K)、ビリー・ジョー・ウォーカーJr.(G)などビーチ・ボーイズ周辺で活動するメンバー・・・・というよりAORファンには「ジョー・シメーイ・バンド」の方が通じるか。

最近では元シカゴのピーター・セテラのベーシストとして来日するなど日本のファンにも比較的有名なミュージシャンである。

その他アーニー・ワッツ(Sax)が参加している点も挙げておきたい。

彼のソロを聴くとさすがの存在感だなと思ってしまう。どんなバンド、どんな楽曲でも実に溶け込んだアプローチをするプレイヤーなのだ。

さて、肝心のトビー・ボーのトピックといえばアルバム・タイトル曲④If You BelieveIntroでのギター、コーラスでの爽やかなバック・グラウンド・ヴォーカルのハーモニー。

ピアノとオルガンのアクセントにリズム体が絡むビートの効いた⑦Give Me A Sign、16ビートのカッティングにエレピをフィーチャーした、こちらもAORの王道路線⑨As Far As I Can Seeとトップ・リコメンドに挙げる曲を迷ってしまうほど。

とんでもないヒットを飛ばしたわけではないのに、楽曲ごとのクオリティが高く隙がない。所謂捨て曲が存在しない素晴らしいアルバムだ。

ジャケットのカラーリングが示すように一聴しただけでカリフォルニアの青い空、西海岸を思い出す、まさに一般的な「AORとはこんなサウンド」とでも言いたくなるような申し分ないサウンド・プロダクション。

AORの中では名盤と言える作品だろう。

88点

データ

1980年:アメリカ(RCA Victor ‎– AFL1-3575)

プロデューサー:ジェリー・フラー

1. Could It Be Love
2. If I Were You
3. One Needs Another
4. If You Believe
5. Ships In The Night
6. Little Miss American Dream
7. Give Me A Sign
8. You Caught Me With My Love Down
9. As Far As I Can See
10. My Dream Lover

モッズ野郎サガワトモユキが参加するポップスバンド、ザ・ナイト・フライヤー(通称:ナイフラ)関連ページはこちらからどうぞ。60’Sアメリカン・ポップス、フレンチ・ポップス、AOR、MOR、シティ・ポップス、ソフト・ロックファンへ贈る!!

ナイフラOfficial HP

http://thenightflyer.com

ナイフラOfficial YouTubeチャンネル「ナイフラチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCVvv50yl3k3DlGSu4x4U7Zg

ナイフラOfficial twitter  https://twitter.com/the_night_flyer

ナイフラOfficial Blog  http://ameblo.jp/thenightflyer/

毎回ナイフラの最新情報が届くメルマガ登録、ライブチケット予約、お問い合わせ、メンバーへの質問コーナー「ナイフラQ」もこちらへ↓

http://thenightflyer.com/contact.html#mlmg

スポンサーリンク

シェアする

フォローする