GOOD NEWS / ATTITUDES

スポンサーリンク

巨匠デヴィッド・フォスターが在籍していた事でも知られるグループの2nd。
デヴィッド・フォスター以外にもダニー・コーチマーやジム・ケルトナー、ポール・ストールワースなど名の通ったミュージシャンの集合体である。

サウンドについて

現在では超大物プロデューサーに数えられるフォスターもこの頃は単なる1プレイヤーに過ぎない。
以前ご紹介した地元カナダを中心に活動していたWildflowerを経て、結成したのがこのアティテューズで、AORのバイブル「エアプレイ」よりも3年も前に発表されている。
ただ、こう書くとフォスター中心のバンドのように勘違いしてしまうかも知れないが、実はジム・ケルトナーを中心に結成されたグループで、リー・スクラー、ラス・カンケル、クレイグ・ダーギと共に「ザ・セクション」でも活躍したダニー・コーチマーの色が結構強く出ている事から、彼がジム・ケルトナーの補佐的役目を果たしていたのではないだろうか。

何はともあれ、その後大流行となるフォスター節(ピアノの連打フレーズや、クラシックをベースとしたアレンジ方法など)を期待してしまうと肩透かしを食らう事は間違いない。

このグループはもっとファンキーでアーシーなバンドである。

②Drink My Waterはフランジャーのかかったうねるベースが強力。
この曲はなんとブレンダ・ラッセルと夫のブライアンの共作というのは意外な事実。

⑦Changeは如何にもAORといった曲で所謂キラー・トラック。
とろけるようなエレピにクリーンギターのカッティングが実に気持ちいい。
そしてソロは一発で誰が弾いているか分かる特徴的なフレーズ、音色を奏でるゲスト・ミュージシャンのジェイ・グレイドン。

泥臭いサウンドの中でイマイチ自分の役割がフィーチャーされていないデヴィッド・フォスターだが、⑤Foster’s Freesではそのタイトル通り、自身の色を発揮。
先述した「ファンキーでアーシーな」という特徴をブチ壊しかねない(苦笑)フォスター・ワールド。

聴き方によってはAOR一色というよりもライト・ファンク系なサウンドを好む方などにもオススメ。
公式には未CD化のはずなので、かなりマニアックなバンドだが聴き所は多数あると思う。

82点

データ

1977年:アメリカ(Dark Horse Records ‎– DH 3021)

プロデューサー:アティテューズ、ジェイ・レヴィス

1. Being Here With You
2. Drink My Water
3. Sweet Summer Music
4. Let’s Talk Turkey
5. Foster’s Frees
6. Turning In Space
7. Change
8. In A Stranger’s Arms
9. Manual Dexterity
10. Promise Me The Moon
11. Good News

モッズ野郎サガワトモユキが参加するポップスバンド、ザ・ナイト・フライヤー(通称:ナイフラ)関連ページはこちらからどうぞ。60’Sアメリカン・ポップス、フレンチ・ポップス、AOR、MOR、シティ・ポップス、ソフト・ロックファンへ贈る!!

ナイフラOfficial HP

http://thenightflyer.com

ナイフラOfficial YouTubeチャンネル「ナイフラチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCVvv50yl3k3DlGSu4x4U7Zg

ナイフラOfficial twitter  https://twitter.com/the_night_flyer

ナイフラOfficial Blog  http://ameblo.jp/thenightflyer/

毎回ナイフラの最新情報が届くメルマガ登録、ライブチケット予約、お問い合わせ、メンバーへの質問コーナー「ナイフラQ」もこちらへ↓

http://thenightflyer.com/contact.html#mlmg

スポンサーリンク

シェアする

フォローする