THE LEFT BANKE / Walk Away Renee/Pretty Ballerina

アメリカ、ニューヨークのバンドにしては”らしく”聴こえないレフト・バンクのデビュー・アルバム。

その要因は彼らのサウンドを形容する「バロック・ポップ」という言葉にある。

バロックというからにはクラシック=ヨーロッパの影響であり、それをポップス界に持ち込んだグループとして、世界を代表するモンスター・バンド、ザ・ビートルズ・・・・特にポール・マッカートニーの影響を感じ取れる。

アメリカではバート・バカラックやフィル・スペクターなどといったアメリカン・ポップス界を牽引する作家により、そのスタイルが取り入れられている。

レフト・バンクの場合、ママス&パパスからアイディアを拝借したとされるフルート・ソロやストリングスによるオーケストレーションを大々的にフィーチャーし、ソフト・ロックでは定番となるハープシコード(こちらもビートルズが使用)を用いるきっかけとなったのはビートルズだけでなく、楽曲の作りとしてゾンビーズの影響も大きいようだ。

もちろんトップ・リコメンドは全米5位を記録した⑦Walk Away Renee『邦題:いとしのルネ』

キャッチーなメロディーに裏メロ的に絡むアルペジオのハープシコード、サビでのコーラス・ワークなどは当時のソフト・ロック界隈でよく聴かれた音だが、やはり代表格となるレフト・バンクの楽曲はとてもポップで印象的。

この楽曲を作ったマイケル・ブラウン(Harpsichord)は当時16歳だというのだから尚更驚く。

一体何をどうしたら、その若さでこんな楽曲が作れるのだろうか。早熟した16歳である。

もう一つのアルバムタイトル曲①Pretty Ballerinaでは重厚なストリングスを配置するなど、やはりビートルズの影響を感じさせる。

ラストの⑪Lazy Dayのように、いかにも60’sっぽいサイケデリック・ロックなサウンドが鳴っていてもしっかりとハーモニーを利かせて甘く仕上げるところがレフト・バンクの特徴。

残念ながらマイケル・ブラウンが脱退。その後2ndアルバムをリリースしグループは失速。

後にモータウンのコーラス・グループ、フォートップスがカバーし、全米14位を記録するなどリバイバル・ヒットを記録している。

他にもリッキー・リー・ジョーンズやリンダ・ロンシュタット、意外なところではピンク・レディーもカバー。

幅広い年代に愛される楽曲となった。

86点