England Dan and John Ford Coley / DR. HECKLE AND MR. JIVE

スポンサーリンク

アコースティック・サウンドにやさしい歌声、爽やかさを感じるコーラス・ワークにエレキ・ギターのオブリが乗るスタイルは「これぞAORの醍醐味!」とでも言いたくなるような定番サウンド。

その筆頭がこのヴォーカル・デュオ・グループ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーである。

聴きどころ

縦横無尽に駆け巡りながら「聴きどころ」「泣かせどころ」をしっかり心得ているスティーヴ・ルカサーのギター。

この人のプレイがキレている時はジェイ・グレイドンと双璧のオブリで楽曲を盛り上げ、なおかつ印象に残るフレーズで聴き手のテンションを上げてくれる。

本作でもキレっぷりは発揮され、ルカサー大活躍の超名盤ウィルソンブラザーズ『ANOTHER NIGHT』やレイ・ケネディ『Ray Kennedy』に近いので何はともあれルカサー・ファンや歌ものギター・キッズは必聴。

宿題構築型のグレイドンに直感閃き型のルカサー。

タイプは違うが、このジャンルにおいて、特に「オブリ」という点においてはこの2人を凌ぐギタリストはいないと個人的には思っている。

タイトル曲①Hollywood Heckle and Jive、トッド・ラングレンのカバー⑦LOVE IS THE ANSWER(愛こそ証)、⑪What’s forever forあたりがオススメ。

参加メンバー

スティーヴ・ルカサー、ジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ポーカロといったTOTO勢に加えてエド・グリーン(Dr)、リー・スクラー、ウィルトン・ウェルダー(B)、リッチー・ズィトー、リー・リトナー、ワーワー・ワトソン(G)、アーニー・ワッツ(Sax)、ジョーイ・カルボーン、ビル・ペイン、グレッグ・フィリンゲインズ(K)など、その他多数参加。

81点

データ

1979年:アメリカ(Big Tree Records ‎– BT 76015)

プロデューサー:カイル・レーニング

1. Hollywood Heckle & Jive
2. What Can I Do With This Broken Heart
3. Another Golden Oldie Night For Wendy
4. Broken Hearted Me
5. Children Of The Half-Light
6. Rolling Fever
7. Love Is The Answer
8. Only A Matter Of Time
9. Caught Up In The Middle
10. Running After You
11. What’s Forever For

モッズ野郎サガワトモユキが参加するポップスバンド、ザ・ナイト・フライヤー(通称:ナイフラ)関連ページはこちらからどうぞ。60’Sアメリカン・ポップス、フレンチ・ポップス、AOR、MOR、シティ・ポップス、ソフト・ロックファンへ贈る!!

ナイフラOfficial HP

http://thenightflyer.com

ナイフラOfficial YouTubeチャンネル「ナイフラチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCVvv50yl3k3DlGSu4x4U7Zg

ナイフラOfficial twitter  https://twitter.com/the_night_flyer

ナイフラOfficial Blog  http://ameblo.jp/thenightflyer/

毎回ナイフラの最新情報が届くメルマガ登録、ライブチケット予約、お問い合わせ、メンバーへの質問コーナー「ナイフラQ」もこちらへ↓

http://thenightflyer.com/contact.html#mlmg

スポンサーリンク

シェアする

フォローする